ドイツの食器、テーブルウェアブランド、ローゼンタールの公式オンラインSHOPです。≫ただいま全品送料無料キャンペーン中≪

フッチェンロイターについて
(商品一覧へ)  

   


1814年に創業者のカルル・マグヌス・フッチェンロイターがドイツ・バイエルン地方ホーエンブルグに『絵付け工房』を設立したのが<フッチェンロイター>の始まりです。
フッチェンロイターはやがて、磁器そのものから生産を手掛けたいと考え、バイエルン王マクシミリアン1世に磁器工場の設立許可を願い出ましたが、王は当時の王立窯との競合を恐れ、これを却下します。しかし、8年後の1822年、フッチェンロイターの熱意に負け、王はフッチェンロイターに磁器製造の許可を与えますが、その条件として命じたのが、「いかなるものよりも優れた品物を作ること」でした。
ドイツ初の民間窯の開窯にあたり、王に“最高の品質”を誓って授かった、バイエルン州のシンボル“ライオンマーク”は、今でもフッチェンロイターの誇りです。


(代表作のご紹介)
◆バロネス/エステール
19世紀末のベル・エポック時代にデザインされた、クラシックなバロネス・シェイプ。
上品に薄く仕上げられた、透き通るような純白の素地を、繊細なレリーフが可憐に引き立てます。また、カップのハンドルに施された透かし彫りの技法は、ドイツのマイスター(職人)の技と品質を物語ります。
エステール

    
◆ブルーオニオン
1926年に、同じドイツのマイセン窯から正式に受け継いだ、伝統のパターンです。
ブルーオニオンの名前は、柄の由来となった中国磁器に描かれていたザクロを、ヨーロッパ人がたまねぎと間違えたことからついたといわれています。描かれた果物・植物の柄には、ざくろ=不老長寿、桃=子孫繁栄、芍薬=富、竹=成長というように、東洋哲学にもとづく縁起の良い意味が込められています。

 

ドイツ・バイエルンの誇り、ライオンマークの名窯フッチェンロイター。
<フッチェンロイター>は、2000年にローゼンタール社と統合しました。